スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中国帰国者 支援者と「最後の花見会」 市民団体の解散で(毎日新聞)

 中国残留孤児らと交流する市民団体「中国帰国者定着促進友の会」が2日、帰国者約40人のために「最後の花見会」を、埼玉県所沢市の中国帰国者定着促進センターで開いた。友の会は、帰国者の減少とボランティアの高齢化で活動が難しくなり25周年の今年で解散する。清水滋雄会長(62)は「最後の一人が帰国するまで続けたかったので残念です」と話す。【内田達也】

 花見にはあいにくの雨模様の中、会員約100人が参加。大教室の窓越しに満開の桜を楽しんだ。大連市から2月に帰国した山口勝利さん(64)は「きれいだ」と一言日本語で言った後、中国語で「中国では花見の習慣がないので、とても楽しい。日本に帰ってきたことを実感します」と話した。

 所沢市には84年、国内で初めて国の外郭団体が運営する同センターができた。中国とロシア・サハリン(樺太)からの帰国者や家族が半年間、日本語や習慣を学んできた。友の会は翌85年に発足、日本語学習を手伝ったり、花見会や盆踊りなどで草の根交流を続け、6500人以上の帰国者と親しんだ。

 「残留孤児はとても人ごととは思えなかった」と話すのは、結成時から活動する事務局長の木村孝さん(83)。旧満州(現中国東北部)生まれでソ連軍侵攻の混乱や中国の国共内戦に巻き込まれるなど苦難の末、終戦翌年の46年11月に引き揚げた。

 会員はピークの80年代半ばで1000人以上いたが、現在は214人。旧満州体験者の多くは他界し、厚生省(当時)が81年に始めた肉親捜しも、今となっては若者らの関心は薄く新入会員も減った。今センターにいる帰国者43人が研修を終える7月に、会も解散する予定だ。

 清水会長は、「今後は各地の市民団体や地域社会が、帰国者と交流してほしい」と話した。

【関連ニュース】
文学・評論 『「孫玉福(スン・ユイフー)」39年目の真実…』=城戸幹・著
公開対談:伊勢崎賢治教授と城戸久枝氏が「戦争と子ども」テーマに
尼崎日本語教室:中国残留孤児、短歌も交え成果発表 /兵庫
吉川英治文化賞:鎌倉の元記者・菅原さん受賞 残留孤児尊厳に尽力 /神奈川
宇治市立南宇治中学日本語教室担当教員・藤田陽子さん /京都

学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
<密約>藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書(毎日新聞)
参院京都に河上衆院議員擁立=小沢氏主導で差し替え−民主(時事通信)

<製品事故情報>消費者庁のデータバンク 1日から開設(毎日新聞)

 全国の消費生活センターや省庁に寄せられた製品などの事故情報を集めた消費者庁の「事故情報データバンク」が4月1日、開設される。インターネット上の検索ページで商品名や事業者名を入力すれば誰でも事故情報を検索できるシステムで、同庁の目玉事業の一つ。だが、何を公開するかについて一部省庁間の調整がつかず、構想段階より限られた情報量でのスタートになった。

 提供されるのは経済産業省所管の製品評価技術基盤機構による製品事故情報(開設時6600件)や、全国の消費生活センターの相談をまとめたPIO−NET(同6300件)、消費者庁の重大事故情報(同250件)など9機関計約1万4800件。主に09年4月以降のもので、順次追加していく。

 当初は国土交通省の自動車不具合情報や警察・消防情報、医療事故なども検討されたが、「収集・公表基準の異なるデータを統一的に扱うのは難しい」との理由で盛り込まれなかった。消費者がヒヤリハット情報を直接書き込み公開する機能も見送られた。同庁消費者安全課は「さまざまな意見を頂き、よりよいデータバンクに成長させたい」と話す。

 開設は午前9時半。アドレスはhttp://www.jikojoho.go.jp【山田泰蔵】

【関連ニュース】
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
消費者基本計画:食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定
消費生活相談員:配置に格差4.8倍…体制の強化進まず
虚偽表示:健康食品でネット320社指導−−消費者庁
こんにゃくゼリー:消費者庁、法規制視野に対策

<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
「耳が悪いか口か、お互い様」亀井氏批判に菅氏(読売新聞)
<幼児虐待死>夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員(毎日新聞)
「JAYWALK」中村容疑者を使用容疑で追送検(産経新聞)

虐待防止へ厚労省と文科省が指針(産経新聞)

 東京都江戸川区で今年1月、同区立松本小1年の岡本海渡君=当時(7)=が両親から虐待され死亡した事件を受け、厚生労働省と文部科学省は24日、虐待の対象として把握している子供の出欠状態や欠席の理由を学校から福祉窓口や児童相談所に定期的に連絡することなどを盛り込んだ指針を発表した。

 虐待防止対策で、教育機関と福祉窓口の連携強化を求める指針は初めて。

 死亡した海渡君が虐待を受けている可能性があったにもかかわらず、学校は海渡君の長期欠席を区の窓口に連絡していなかった。

 指針は、学校や幼稚園、保育園などに対し、虐待の恐れのある子供の出席状況や欠席の理由を1カ月に1回、市区町村の福祉窓口や児童相談所に報告することを要請。福祉窓口にも、子供の長期欠席などの問題が明らかになれば、児童相談所に速やかに報告することなどを求めた。

【関連記事】
東京・江戸川の児童虐待「適切に対処できず」 区が事件報告書
海渡君虐待事件 継父を強盗容疑で再逮捕へ、静岡で880万円奪う
背中に複数の焼き印、親に反省の言葉なし 江戸川の小1死亡   
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚
江戸川区と学校 暴行把握 7歳虐待死 警察に通報せず 
あれから、15年 地下鉄サリン事件

首相動静(3月26日)(時事通信)
後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決−JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
国民新、プロレスラー西村氏を擁立(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
日本ダービー
債務整理 無料相談
現金化
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
無料携帯ホームページ
探偵
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM